掃除機はこれで十分。 Dyson V8 Fluffy

はじめに

こんにちは、餅つき名人です。

私はゆる〜い家電好きです。PIONEERのプラズマテレビ(KURO)を2台、SONYの有機ELテレビ(XEL-1)を3台購入する程度のゆるさです。家電好きの方であればどれだけゆるいかお分かりでしょう。巷の家電芸人レベルだと思います。

テレビは特に好きでブラウン管、液晶、プラズマ、有機EL、プロジェクターと数々のテレビを購入しています。いま使っているのはKD-65X9200Aという初期の4Kテレビです。これまでの人生でテレビだけで400万円以上は散財しています

その他にもデジカメ、HDDレコーダー、炊飯器、掃除機、AVアンプ、スピーカーなど興味が湧いた家電はお財布が許さなくても購入してきました。

このカテゴリ「家電レビュー」ではそんな家電芸人レベルのゆる〜い家電好きがマンション購入で金銭感覚を麻痺させてしまい、衝動に任せて購入した家電の感想を記録したものです。

このマンション購入というイベントは曲者で、何千万円もの買い物をしたあとは金銭感覚のレベルが急激に上昇してしまいます。まるで自分がお金持ちになったかのように錯覚してしまうのです。

私の例だとマンションを購入する前はお寿司を食べるときはスシローで10皿までと厳しい上限を決めて食べていたのに、マンション購入後は銚子丸で皿数を気にせず食べてしまうようになりました。とんでもない成金ぶりに自分でも呆れています。

この記事はマンション購入で自分がお金持ちだと勘違いした人間の感覚が評価基準ですからくれぐれも本気にしないでください。

完全な自腹購入なので雑誌などのマスコミのようにメーカーと読者の両者に配慮した美しいレビューにはなりません。基本的には買わなければよかったという愚痴です。

それではしばらくの間よろしくお付き合いください。

本日の家電

今回レビューするのはダイソン社製のハンディクリーナー「Dyson V8 Fluffy」です。

巷の評価は上々で「もはや掃除機はこれ1台で十分」と絶賛している人もいるほどです。ただダイソンの掃除機といえば「うるさい」「重い」「電池がもたない」など課題が多いことでも有名です。

LDKが25畳、80m2強の我が家でハンディクリーナーは実用に耐えうるのか早速レビューしてみます。

購入を決めた背景

今のマンションに引っ越してきてからはAmazonのレビューを見て購入したスコッチブライト モップで掃除をしていました。

このモップについた埃を吸い取るためだけに使っていたエレクトラクスのハンディクリーナーの電池が3分しか持続しなくなったので買い換えを決めました。

しかしよくよく考えてみればモップの埃をとるだけの用途であれば3分の電池持ちは十分ですし、さらにブラーバ(前回レビュー)をすでに購入しており部屋の掃除で困っていることは何もなかったのです。

http://x1mansion.com/braava380j

ただ単に評判がいいダイソンの掃除機を「購入する理由を探していた」だけというのが購入の本当の理由でした。

マンションレビューなどで「人はマンションを購入するための理由を探している」などと揶揄していますが人様のことをとやかく言えたものではありません。

購入金額

家電購入で一番楽しいのはどれだけ安く購入するかですが、私は長年家電を買い続けているのでほぼ最安値で購入する方法を知っています。

ほぼ最安値で購入する方法とはJoshinwebで購入するです。

Joshinwebにはプラチナ会員専用割引というものがあり、この割引が強烈なのです。さらに割引クーポン券が山のように付与されもはやヨドバシカメラやビックカメラに同額にしてくれと頼んでも「うちではこの値段では出せません・・・」と白旗をあげられるほどです。

今回のDyson V8 Fluffyは1年前の時点で60,700円+2,400ポイントとで購入しました。1年前の価格と考えれば上々だと思います。

もちろんヨドバシカメラで交渉しても「とても無理。なんでこの値段で販売できるのか信じられない。」と早々に白旗をあげられました。

そんなわけでJoshinwebは本当にオススメです。たまにやるポイント2〜3%上乗せイベントを狙って購入すれば最強といっていいでしょう。新製品なら発売前割引も強烈です。

使ってみて感じたこと

Good 噂に違わぬ吸引力

Dyson V8 Fluffyで初めて掃除をして驚きました。細かいチリや埃が山のように取れるのです。

5年前のエレクトラクスのハンディクリーナーと比較するのはさすがに酷ですがプロ野球選手と高校球児くらいのレベル差があります。

Good 静音性は十分

英和辞典で「Dyson」で検索すると「騒音」と和訳されると噂されるほどダイソンの掃除機の騒音は悪名高いものがあります。

しかしDyson V8 Fluffyは騒音の心配は無用です。モーターの高回転音はしますが気に触るほどではありません。推奨はしませんが夜中に掃除をしても下の階のご家庭に迷惑がかかるようなことはないでしょう。

Good 電池のスタミナは十二分

80m2強の部屋全体を2回掃除してもまだ電池が残ります。これだけ電池の持ちが良いとゆっくり確実に掃除ができるので安心です。

コードレス掃除機で一番気になる電池のスタミナはまったく問題がないと思います。

Good 楽な姿勢で掃除ができる

私は少しだけ身長が高いので取っ手が短い掃除機が苦手です。Dyson V8 Fluffyは十分な長さがあるため背筋を伸ばして楽な姿勢で掃除ができるので体にかかる負荷がほとんどありません。

反対に身長が低い人は当掃除機の長い全長を持て余してしまうのではと心配されるかもしれませんが、その心配は杞憂に終わります。

Dyson V8 Fluffyはヘッドのモーターが推進力を生むため小柄な方でも楽に掃除ができるからです。155cmの母が「あら、この掃除機、意外に軽いのね」と感心していたので間違い無いでしょう。

Bad 自立しない

Dyson V8 Fluffyの数少ない欠点です。エレクトラクスのように充電器が自立台になっていません。つまり使わない時や充電するときには地面に横倒しにしなくてはならないのです。その姿はお世辞にも見目麗しいものではありません。

幸いなことに前述の通り電池のスタミナがあるため頻繁に充電する必要がありません。そのため普段はクローゼットの中で壁に立てかけておき(それだと自立する)、充電するときはノズルを外して充電することで長尺の掃除機が床に転がるというみっともない姿を回避しています。

なおメーカーであるダイソンは壁に充電器を固定することを推奨しているようですが壁に穴を開けて充電器を固定したがる日本人は皆無でしょう。そのためAmazonで専用のスタンドが売りに出されたりしています。

Bad ヘッドのローラーにゴミがこびりつく

Dyson V8 Fluffyのヘッドは硬めのモップのような素材が回転することで集塵力を高めています。しかしその素材が原因でゴミがこびりついてしまうのです。

主なパーツは外して水洗いできるのですがヘッドに固定されている部分は手でゴミをそぎ落とすことでしか掃除ができません。掃除機が綺麗である必要はありませんが綺麗好きとしては気になります。手入れの手間がかかるのは少々残念なポイントです。

Bad 掃除する労力はクイックルワイパーと同じ

ブラーバでロボットに掃除させる快適さを覚えてしまった私にとっては自分で掃除することは欠点でしかありません。どんなに優れた掃除機だとしても労力がかかる時点で減点対象なのです。

クイックルワイパー(100円)もDyson V8 Fluffy(60,000円)も1回に掃除できる範囲は同じなので掃除の際に部屋の中を歩く距離は全く同じなのです。小手先で操作できるだけクイックルワイパーのほうが快適ですらあります。

同じ労力が必要であるのなら安いクイックルワイパーで十分だと感じます。もちろんこの指摘は贅沢病の極みなので参考にしないでください。

オススメ度(☆☆★/星2つ)

とにかく一番使いやすい掃除機が欲しい、金額は問わない、というのであればDyson V8 Fluffyを購入しておけば不満はほとんどないと思います。

しかし私の部屋のように全部屋がフローリングであるならクイックルワイパーとブラーバで十分です。Dyson V8 Fluffyだけで掃除するよりも掃除にかかる労力が少ないからです。

労力を惜しまなければ格安のクイックルワイパーだけでも十分に掃除ができます。

反対に畳や絨毯の部屋がある場合はDyson V8 Fluffyは最高の相棒になると思います。また子供やペットなど常に床を汚す家族がいる場合もDyson V8 Fluffyはいいパートナーになるでしょう。

キャニスター型とコードレス型のどっちがいいか

ブラーバと同じように我が家に遊びに来た別の友人がDyson V8 Fluffyを使ってその快適さに感激し、後日Dyson V8 Fluffyを購入しました。

友人曰く「噂には聞いていたが実際の部屋で使ってみて確信がもてた」とのこと。また「いちどコードエレス型の掃除機を使ったらもうキャニスター型には戻れない」とも言っていました。

私も同意見です。Dyson V8 Fluffyの完成度を経験したらもうキャニスター型を選ぶ理由はないと思います。キャニスター型のほうが適している用途としてはビルの清掃などの業務用くらいでしょう。

総評

Dyson V8 Fluffyは掃除機としてほぼ完璧です。ただブラーバとクイックルワイパーで事足りていた私にとっては無用の長物でした。

実際、私のDyson V8 Fluffyの使用時間は1週間で10分以下です。1週間まったく使用しない時もあります

この程度の時間であればエレクトラクスの古いコードレス掃除機を使い続けるのが正解でした。Dyson V8 Fluffyの買値である60,000円を住宅ローンの繰上げ返済に回したほうがよかったのです。

クローゼットを開けて静かに壁に横たわっているDyson V8 Fluffyを見るたびに「やっちまった・・・」と後悔する日はしばらく続きそうです。

本日の終わりに

Dyson V8 Fluffyの魅力を十分に伝えられたか分かりませんが、このレビューがDyson V8 Fluffyを検討されている方のお役に立てたならこれ以上の幸せはありません。

なにか気になることがあればコメントいただければお答えしますのでお気軽にコメントください。

それでは今日はここまで。最後までお読みいただき本当にありがとうございました!!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です