第一章:家を買うことを決めて第一歩を踏み出す

新築マンション
スポンサーリンク

妻のために家を買うことにした

こんにちは、餅つき名人です!!

すべてはこんな夫婦の会話から始まりました。

夫「いまの賃貸マンションは更新料なし・家賃も割安だし、一生賃貸で慎ましく暮らしていこうと思ってるけどどうかな?賃貸なら購入時の初期費用が貯金や投資に回せるから将来キャッシュフローは賃貸のほうが有利だよ。」

妻「私は狭い1DKに母と姉と3人で暮らしてたから持家にすごく憧れがあるの。親の都合で転校したら友達ができなくてとても悲しい思いもしたの。子供に自分と同じ思いはさせたくないな。しっかり根を下ろした暮らしをしたいの。」

世間一般のどの家庭でも同じような会話がされていると思います。そして間違いなく妻の意見が勝つものです。

家を買うにはどうしたらいいの?

家を買うことを決めたはいいものの、何を決め手にして、どのような手続きをしたらよいのか全く分かりませんでした。

もともとテントで野宿しながら日本全国をバイクで旅したこともあり、雨風と寒さがしのげればそれで十分であり、家に対するこだわりなんて全くなかく、どんな家でもよかったのです。

唯一のこだわりといえば衣食住に余計なお金をかけたくないことくらいです。それでは元嫁の希望の家にすればいいだけの話なのですが、元嫁は気をつかってか全く自分の意見を言ってきません。

そんな訳で我が家の家探しは自分たちの住みたい家のイメージを固めるところから始まるのです。

モデルルームに行くことにする

買いたい家のイメージをつかむために早速モデルルームに行ってみることにしました。しかし今となってはなんて無駄なことをしたのだと思います。経験を積んだ今ならこうアドバイスをできるでしょう。

「モデルルームは業者の狩場だよ。無知な君がいったらあっという間に鴨にされること間違いなし。モデルルームに行く前に勉強したほうがいいよ。そもそも物件を選ぶ段階ではモデルルームには行く必要がないよ。」と。

※ モデルルームに行く必要がない理由はこちらで詳しく書いています。

一言で言えばこれに尽きます。モデルルームはお客ではなく業者のために作られています。表現を変えればお客を狩るための狩場です。自分は狩られないと思っているお利口さんほど餌食になります。

思い返せば

こうして私の不動産探しの旅が幕を開けました。思い返せば数々のターニングポイントがあったことに気づきますが当時はそんなことを知る由もありません。

それでは今日はここまで。お疲れさまでした!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする