ご挨拶

不動産購入ノウハウ

はじめまして、餅つき名人です!!

このブログは離婚経験者が書いた世にも珍しい不動産購入のノウハウ集です。

賃貸派だった私が嫁さんの夢をかなえるため物件探しを始め七転八倒したあげくにマンションを購入できたと思ったら離婚してしまった経緯とノウハウを惜しみなく公開します。

ちなみに不動産を購入してから離婚するということは法曹界や不動業界の友達から「大丈夫か?(゚Д゚;)」と本気で心配されるような修羅場になります。

状況としては週刊ダイヤモンドの記事そのままです。養育費以外は全てそのままです。私のことかと思いました。

できちゃった結婚した妻が豹変 種馬にされた夫の悲惨な末路(上)
http://diamond.jp/articles/-/85094

できちゃった結婚した妻が豹変 種馬にされた夫の悲惨な末路(下)
http://diamond.jp/articles/-/85131

そんな綱渡りを経験した私がこれから物件探しをされる方にお伝えしたいことは「 不動産の購入は満足度は高いけどリスクがいっぱい。賃貸のほうがリスクが少ないから、賃貸にすべきです。その理由はしっかりとこれから書いていきます。

私自身、不動産を購入するにあたりインターネットで公開されている諸先輩方が残してくれた記録や情報を大いに参考させてもらいました。特に万子音亭A助さんのHPは穴が開くほど熟読し多大な影響を受けました。

マンション購入失敗体験記&成功体験記~万子音亭(まんしょんてい)A助の教訓
http://mansiontei.chakin.com

こちらのHPは私が見た中で最もユーザーの目線・立場に立って書かれた不動産購入のノウハウ集です。これから不動産探しの旅に出発される方はぜひご覧になって下さい。

私が助けられたように私のブログがこれから不動産探しをされる方の道しるべとなれたならこれ以上の幸せはありません。

なお素人が聞きかじった知識と浅い経験を元に書き散らかしますので情報の真偽は問わず笑ってお読みいただければ幸いです。

17 件のコメント

  • 久しぶりの書き込みさせていただきます!
    このところ毎日ブログの更新がないか見ては、餅つきさんお忙しいのだろうなと思っておりました。

    ここ最近、よしながさんと同じことを少し考えておりました。

    個人的な極端な結論としては、
    ①非常に良い物は横ばい
    ②良い物はゆっくりゆっくり下がっていく
    ③普通のものはすごい勢いで下がっていく
    ④安かろう悪かろうはほぼ無価値になる

    普通の消費財でも、デフレと言いつつも本当に良いものは値段が上がっていたりします。

    自分の欲しい(というよりも買える)物件が上のどれに当てはまるかを先ず考えることなのかなと思います。この先、欲しいからと言って普通以下(③、④)のものを買う必要性はないと思います。賃貸で補助がでるのであれば賃貸。買うと補助がでないのであれば賃貸にすべきでしょう。
    マンションは常に出口(売る)を考えなくてはならないと思っています。管理が悪いものであれば更に売りどきを見失う可能性もあります。

    ①の物件は3A
    ②の物件は山手線内+都内の主要路線かつ主要駅
    というイメージでしょうか。

    意外と消費税増税のダメージがあったことが分かってきて、財政出動も今出ているものに加えて更にもう一段階ないといけないレベルだと思われますので。ただ、ドスンはないでしょうが、燃え尽きていくのだろうなと思います(スクイーズ)。間違ってもハイパーインフレなんてことは考えないようにしましょう!

    ころころとマンションを買いまくっている人たちに煽られて焦って購入すべきではないと思っています。似たようなこととしてはネット証券会社は株が暴落しようが手数料で儲けている(煽られて買うべきではない)。

    • いつもコメントありがとうございます。人生で一番多忙な生活を送っておりいただいたコメントにすらお返事できない状況でした。年明けからは少し時間ができるので記事も公開できると思います。

      出口戦略はマンションはもちろん人生のあらゆる選択で必要なものですから、ご指摘の通り将来を見据えて物件を選択しなければなりません。特に将来の悪いシナリオは漏れなく想定しておく必要があります。シートベルトをしないで運転して無事故だったとの自慢話に耳を貸す価値がないのと同様です。

      また、ネット上の「値上がり自慢」「家賃は無駄金煽り」にも耳を貸してはいけません。不動産を買うという選択肢があるのなら、不動産を買わないという選択肢もあっていいはずです。当ブログでは「買わない」という選択肢に光を当て続けていこうと思っています。

  • はじめまして。半年ほど前から中古マンションの購入を検討しはじめて、先日別の不動産ブログをfeedlyに登録してたらおすすめに出てきたこちらのサイトに出会いました。めちゃめちゃ参考になります。すごく頭良いですね。(上からないい方ですみません。)
    新しい記事からつらつら読んでたのですが、この記事を見てびっくり。実は賃貸のススメなのですか?私も今の市況はあり得ないと思っているのですが、しかし、例えばNYやロンドンと比較すると東京の不動産はまだまだ割安に感じます。皆、不動産市況も調整すると思っていると思いますが、実は調整なんてしないんではないかという恐怖がちょっとありますが、どう思われますか?我が家はもうすぐ50代に突入する夫婦二人暮らしなので、そろそろ終の棲家を買うチャンスも今が最後なのではないか、それともいっそ退職してから郊外に現金で購入すべきかと、非常に悶々としております。

    また、もしよろしければ、私にも不動産コンサルタントをご紹介いただけないでしょうか。
    よろしくお願い申し上げます。

    • コメントありがとうございます。こうして色々な方にブログが読まれているかと思うと身が引き締まる思いです。さて今後の不動産市況について私の見解をお伝えします。

      不動産市況の今後についてですが今後5年間のどこかで世界経済の調整が発生し、各国の中央銀行がさらなる金利の引き下げを行います。日銀も追随してない袖を振って最後の金利引き下げを行うでしょう。しかし、各国の中央銀行の努力も虚しく世界経済の調整は止まらず、そのまま最長で10年近い経済不況がやってきます。経済に連動して不動産も下落します。

      なお、世界規模では日本の不動産は割安という安易な発想は捨ててください。今の日本の不動産の価格は世界の評価です。価値がないから評価されないのです。日本はすでにスペインやポルトガルのように斜陽の国であることを認識してください。

      そして、不動産は経済と連動しますから不動産を購入するのであれば2択です。
      ・いますぐ購入して残債を減らす(1年間で150万円程度は減ります)
      ・10年後に今より下がった不動産を買う(1500万円以上下がるなら)

      なお、現金で郊外の不動産を購入するくらいなら、郊外で賃貸で暮らした方がマシです。郊外の不動産に現金以上の価値はありません。現金の方が遥かに価値があります。失礼ながら不動産を購入することに過剰な憧れがあるように見受けられます。

      新たに不動産を購入するには厳しいタイミングです。コンサルタントの見解も踏まえて認識を改めて最適な選択をしていただきたいと思います。メールしましたのでお手隙の際にご確認いただければ幸いです。

  • やべっち へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。