第33棟目:QUWON(クオン)新浦安

画像出展:公式HP
スポンサーリンク

ご挨拶

こんにちは、餅つき名人です。なんでこんな変なペンネームなのかは内緒です。

私は妻の実家の近くに中古マンションを購入した挙句に離婚してしまいました。当然のごとく元妻の実家の近くに住み続けるのは嫌なものでしたが、住めば都という言葉は本当でいまではすっかりこの街に馴染んでいます。

さらにここまで30棟以上のマンションを検討してきて「5,000万円程度の予算内だと総合的に我が家より魅力があるマンションはほとんど存在しない」という事実に気づいてしまったのです。

挙句に史上最低金利を記録した16年8月に全期間0.95%(団信込)という驚異的な金利で住宅ローン金利を確定させてしまったこともあり住み替えのハードルはスカイツリーよりも高くなっているのが正直なところです。

しかし当ブログのマンション購入ノウハウ集のノウハウを活用して新築マンションを評価し、魅力的な分譲マンションが見つかったら住み替えをしたいという気持ちは健在です。

評価は各項目で0~2点を付与し100点満点換算で判断します。現在住んでいるマンションが83点なのでそれを超えるマンションであることを期待していますがどうでしょうか。

なおこの最新マンションレビューは私が現在のマンションから住み替えたいかという個人の事情と価値観を基準としています

あらゆる点で勉強不足のまま書き散らしていきますので絶対に本気にしないでください。多くの方は笑って(苦笑い、冷笑含む)読んでいただけているのですが、たまに本気にして噛み付いてくる方がいるのでお断りしておきます。

こんな愚かで不誠実で、デブで三段腹で、納豆みたいな息で、腰痛・肩こりもちで、他人に対して不寛容で、草野球ですら4打席4三振する人間の言うことは無視するに限ります。どうぞご自身の判断を大切になさってください。

道端で拾った他人の日記を覗き見るようなゆるい気持ちでお読みいただければ幸いです。それではしばらくの間よろしくお付き合いください。

※ レビューで使う評価軸はこちらをご覧ください。

GoogleMapをはじめインターネットを使うだけで対象物件の周辺情報をかなり調べられます。そして得られる情報の多くはモデルルームでは教えてくれない、営業マンが伝えたくない情報なのです。
本日のご挨拶 こんにちは、餅つき名人です!! 「初心者がモデルルームに行く必要がない6つの理由」でモデルルームに行かなくても物件の良...
本日のご挨拶 こんにちは、餅つき名人です!! 「初心者がモデルルームに行く必要がない6つの理由」でモデルルームに行かなくても物件の良...

※ 間取りについてはさらにチェックポイントを増やしました。

マンションは不動産という投資対象であると同時に生活する場でもあります。その生活の場が快適であることはとても大切だと私は思っています。資産価値と同じくらい間取りにもこだわるべきなのです。よい間取りは毎日の生活に潤いを与えてくれからです。
生活快適性を重視すると最上階・角部屋がベストチョイスですが資産価値は維持されず低層階に劣ります。資産価値を重視すると低層階になりますが生活快適性が劣ります。そこに予算による制限が加わりますからますます選ぶのが大変になります。
「窓の大きさと数さえ十分に確保されていれば東西南北どの部屋を選んでも一長一短だから好きにすればいい」ここまで長々と書いてきましたがこんな単純な一言が結論なのです。

※ マンションを購入してよかったことも書きました。

ゴリゴリの賃貸過激派の私が伝えるマンション購入のメリットなのでやはりマンション購入に否定的な記事となりましたが、世間で流布されているマンション購入のメリットも私が列挙したメリットを誇張したものに過ぎないと感じています。

本日の物件

本日の物件は「QUWON(クオン)新浦安」です。複数の方からコメントでリクエストをいただいた注目のマンションです。もちろんこの注目は「魅力的」というポジティブな意味での注目です。

  • 風が吹くとすぐ止まり
  • 東京駅で10分以上歩かされる
  • 最高に不便な京葉線沿線の
  • マンホールが地上に飛び出し
  • アスファルトの地面が波打ってクロスカントリーのコースに早変わりする
  • 教育ママたちのマウンティングが激しい
  • 新浦安駅から15分も歩かされる
  • 潮風で建物が劣化していく
  • 郊外の埋立地に建設されるマンション

などと言った好奇の目線での注目では決してありません。そもそも個人的にも新浦安にはなんら思い入れはありません。ただどういうわけか仕事で疲れた夜にこんな一風変わった夢を見ることはあります。

  • 改札で恋人と待ち合わせる
  • 恋人は新浦安の妖精
  • イトーヨーカドーのJTBで新婚旅行の手配をする
  • 改札を出たすぐ右手にあるコメダ珈琲で離婚するしないの夫婦喧嘩をする
  • UR賃貸の部屋を見に言ってボロいくせに家賃が馬鹿高くて絶句する
  • UR賃貸の営業のおばさんが「この街の家賃は異常です。私なら同じ金額を出すなら別の街に住みます」と正直すぎる感想を言う
  • 新浦安の不動産屋の仁義なき戦いに巻き込まれて翻弄される
  • あらゆる不動産コンサルタントが「新浦安なんかでマンションを買ってはいけない」と言ってくる
  • 順天堂大学病院に不妊治療で通う
  • その帰りに子供ができないのはあんたに問題があるからだと妻になじられる

ほとんど悪夢といっていい内容です。もちろん激しく疲れた日に見る夢の話ですので他意はありません。

というわけで当物件には全く興味がなく書くこともないので簡易的なレビューとなりますが、しばらくの間お付き合いください。

※ モデルルームに行く前にぜひお読みください。

一言で言えばこれに尽きます。モデルルームはお客ではなく業者のために作られています。表現を変えればお客を狩るための狩場です。自分は狩られないと思っているお利口さんほど餌食になります。

1)周辺情報チェック

チェック1:最寄り駅に魅力はあるか→0点

①駅や路線に知名度があるか

最寄り駅は通勤に便利な京葉線 「新浦安」駅 です。新浦安の妖精曰く翌日に商談があるビジネスマンは台風の天気予報が出る前日に総武線や都内のホテルに泊まって出勤するとかしないとか。

また個人的には新浦安のイメージといえば液状化です。あのマンホールが飛び出た衝撃の映像は小岩あたりのカラオケスナックのママの化粧と同じくらいのインパクトがありました。

確かに京葉線と新浦安は知名度はありますが、東急東横線や自由が丘のような知名度とは異なる知名度です。

②山手線の主要駅までの所要時間が30分程度か

新浦安駅の交通利便性は控えめでも良いとは言えません。

東京駅こそ20分程度で到着しますが、丸の内のオフィス街に行くには東京駅の地底からひたすら歩かなければいけません。すでに当物件から新浦安駅まで15分歩いてさらに東京駅で10分以上も歩くのです。これでは駅徒歩25分のマンションに住んでいるのと同じことです。

個人的には同じ千葉に住むのであれば総武快速線が使える市川駅のほうが東京駅にも近く、ホームも丸の内側でそれほど深くないのでまだマシです。

また東京駅以外の山手線の主要駅に行くには40〜50分程度も要します。すべては東京駅の地底から歩かねばならない京葉線の問題です。はっきり言って新浦安は忙しいビジネスマンが満足する交通利便性ではありません

③駅周辺の治安が良いか

新浦安駅周辺の治安は良いです。特に子育て世代は安心できるでしょう。個人的にも新浦安に価値を見出すなら治安しかないと思います。パチンコ屋とラーメン屋がない街はいい街です。空気が綺麗です。

ラーメン店に並ぶ人はパチンコ店に並ぶ人と似た人種であることが多く、実際にラーメン店が多い街というのはパチンコ店が多い街でもあり、個人的にはそういう街に住みたいとは思えないのです。

④街に歴史と多様性があるか

食べログで飲食店を検索すると161件がヒットしました。私の根城である錦糸町が1095件、隣の浦安が358件ですから街の規模はかなり小さいことがわかります。

この時点で新浦安は街の歴史と多様性は乏しいということがわかります。もともと埋立地ですし当然と言えば当然です。

⑤まとめ

当項目のまとめです。沿線・駅の知名度は違う意味で高い、交通利便性は悪い、治安は良い、街に歴史と多様性はない、となると0点が妥当だと判断します。治安に重点を置くのであれば1点でもいいかもしれません。

チェック2:駅徒歩時間は本当で妥当→▲3点(例外)

当物件は駅から徒歩15分の表記であり、実際に歩いても15分程度でした。以前にレビューしたパークタワー晴海とほぼ同じ駅距離ですから▲2点は確定です。

ちなみにパークタワー晴海は中央区で最寄駅は大江戸線と有楽町線の2路線が使える月島駅です。同じ15分歩くならどちらが我慢できるでしょうか

さらに当物件は山手線などに乗り換えるには東京駅で15分近く歩かなければならないことを考えるともう少しマイナスの上乗せが必要でしょう。また過去に徒歩17分で滅多斬りされたレーベン新小岩innoviaが許してくれそうにもありません。

最寄駅まで徒歩15分、東京駅の乗り換えで徒歩15分という条件は過去最低レベルと判断し例外の▲3点とします。

※ 駅から15分歩いても評価が高いマンション

富裕層がお金を使うことは社会の義務です。足長おじさんはいつの時代でも必要です。その一人になれる栄誉は資産価値などという世俗的なものでは測れない大きな意味があると思います。

※ 滅多斬りされて案の定いまだに大量に売れ残っているマンション

ご挨拶 こんにちは、餅つき名人です!! 妻の実家の近くに中古マンションを購入した挙句に離婚してしまいました。当然のごとく元妻の実家の...

なお地図上だと新浦安駅から当物件まで直線距離は15分もかからないように見えるので試しに入船エステートの横路地を抜けて直進してみました。そうすると昇降禁止の防波堤が行く手を遮ってしまい、結局シンボルロード経由もしくは境川経由で迂回せざるを得ませんでした。

もしこの防波堤を突っ切ることができれば2分は短縮できるはずです。ぜひスターツにはこの防波堤を突っ切るショートカット道路を作って欲しいものです。そうすれば当物件の価値がさらに高まることでしょう。

チェック3:周辺に空き地やコインパーキングがない→2点

現地やロケーション図を見ても目の前にタワーマンションが建設されるリスクは皆無です。この点は素直に素晴らしいと思います。

わざわざ駅徒歩15分の千葉県の郊外マンションに住むのならば眺望や日照だけでも確保しないと意味がないとも言えます。

チェック4:周辺に嫌悪施設がない→2点

新浦安駅周辺にパチンコ、ラブホテル、風俗店、賭博関連施設など大人のディズニーランドで大人気のアトラクションは一切見当たりません。また踏切や線路、救急病院などの生活関連の嫌悪施設も見当たりません。

少しだけ注意するとしたら明海大学のグラウンドの影響でしょう。私が現地調査した日は学生が熱心にスポーツをしており、それなりの声が聞こえてきました。ただ幼児や小学生のような甲高い声ではなく落ち着いた大人の声ですから気にするレベルではないとも感じました。

あと当物件の敷地の東側の道路は意外に交通量が多いとも感じました。気になる人は現地で要確認です。

※ 公害レベルの道路が目の前にあるマンションはこちら

新築というお化粧が剥がれたマンションに対する冷静な世間の目を知らずにマンションを購入することはどんな場合でも避けなければならないのです。

チェック5:周辺道路は広く、駅までの道が安全→3点(例外)

新浦安の特徴の一つが完璧に整備された道路です。安全に駅と自宅を往復することができます。ところどころ液状化の補修跡(?)があるのはご愛嬌でしょう。

現地調査の合間に木陰で経口補水液を飲んでいたところ、ちょうど隣に車椅子のご主人と散歩されている奥様がいたのでお話を伺ってみたのですが、この道路の広さは車椅子で生活する人にとってかけがえのないものだそうです。

そして安心して主人と散歩ができることがどれだけ幸せなことかということも伺いました。このように徹底してバリアフリーな道路は価値がありますので例外の3点とします。こういう人情話系には弱いのです。

チェック6:歩いている人の服装と歩きタバコ率→2点

新浦安駅周辺を歩く方の服装もマナーもきちんとしています。ジャージとクロックスという最先端のパリコレファッションはほとんど見かけません。特に若い家族連れはさすが新浦安の住人だと感心するほどです。

また知り合いの夜の蝶に話を聞くと城東だと「浦安がいちばんいい客層」だそうです。金払いがよくジェントルマンとのこと。夜の蝶の見立てはシビアですから新浦安の住民の質も間違い無いでしょう。

公立の小学校・中学校も崩壊している可能性は低そうですから当項目は2点とします。荒れていない公立校があるのは郊外に住む見逃せないメリットです。

ちなみに「最低の客層は新小岩」とも言ってました。ミッキーマウスの顔にハーケンクロイツを書いたTシャツを着ている住人がいる街ですから仕方がありません。新小岩は歩きタバコをはじめマナーも最低であり、夢と希望が溢れる浦安とは真逆の世界なのです。

なお当項目の趣旨とは異なりますが、新浦安の教育熱心な一部の奥様グループには無意味でみっともないママ友マウンティングが存在しますので子供がいるご家庭はママ友を慎重に選ぶ必要があります。

もちろんごく一部ですから気にしなくてもいいとは思いますが念のため記します。

チェック7:周辺に大型商業施設があること→1点

駅前にAEON(旧ダイエー)とMONAがありますが当物件の近くには何もありません。歩いて買い出しするには15分も歩く必要がありますから自転車での買い出しになるでしょう。

ただどんなにスーパーが近くても荷物が多くなれば自転車を使うことになるのでそれほどデメリットというほどでもないかもしれません。

それよりもダイエーのロゴを変更しただけのAEONと昭和の香りがするしょぼい複合商業施設のMONAでは資産価値を押し上げるには力不足です。もうちょっとまともな商業施設を誘致する必要があります。

閉鎖されたイトーヨーカードーの跡地に浦安住民が押しかけるような素敵な商業施設が建設されるなら当物件の価値はさらにあがるはずです。そんな明るい未来を祈りつつ当項目は現実的な1点とします。

チェック8:地盤など災害に対する危険度→▲3点(例外)

黙って目をつぶってこの点数です。地盤を重視する不動産コンサルタントは「新浦安には絶対に住んではいけない」というほどです。

当物件の公式HPでは入念な液状化防止を図っても街全体には液状化防止はされていません。3.11のあの衝撃の映像を見た人間にとって新浦安の悪いイメージはそう簡単に拭い去ることができません。

他の地域のように「液状化の可能性が高い」ではなく現実に液状化が発生しており、前科ありという事実なのです。

そして基礎杭の長さが67m〜78mというのも地盤の弱さを想像させます。もちろん杭の長さで耐震性が変わるわけではありませんが、防弾チョッキを着ているから紛争地域に行っても平気と言うようなものです。やせ我慢でしかありません。

普通の人は防弾チョッキを着てシリアではなく、アロハを着てハワイに行きたいはずです。よって当項目は例外の▲3点とします。

(2)間取りチェック

どの部屋を候補にするか

当物件は完全なファミリーマンションなので私のようなバツイチ独身男が好むコンパクトな間取りがありません。今住んでいる部屋が90m2弱であり広い部屋に住むなら買い換える理由がないのです。

そのため当物件の間取りに対して興味が一切持てません。よって間取りの全体的傾向から簡潔にレビューします。

チェック1:アルコーブ・玄関ポーチが確保されている→2点

玄関前にしっかりスペースが確保されており、さらに玄関の入り口もクランクしておりリビングの中が丸見えになることはありません。

チェック2:居住空間に柱が食い込んでいない→2点

ワイドスパンのうえに柱は全てアウトフレームされていて完璧です。

チェック3:パウダールームの入り口はリビングにない→1点

間取りによってばらつきがあるので当項目は1点とします。

チェック4:天井高は確保されているか→0点

低層住宅ですから天井高は期待できません。2450〜2500mmが大概のようですから0点です。

チェック5:二重天井・二重床か→2点

この点は問題ありません。

チェック6:ベランダは広いか→2点

この点も問題ありません。千葉県の駅徒歩15分の郊外マンションですからベランダの広さくらいは確保できなければ割が合いません。

チェック7:天井の梁は目立たないか→2点

間取りにもよりますが問題なさそうです。

チェック8:売主と施工主は大手企業か→0点

スターツのマンションをぜひ買いたい、スターツだから中古で売るときに有利、スターツのマンションには指名買いが入る、スターツのヴィンテージマンションなどという評判は聞いたことがありません。

液状化対策のためにディズポーザーを省くなどデベロッパーとしてのプライドも感じません。よって当項目は0点とします。

(3)価格チェック

チェック1:坪単価は妥当か→2点

坪単価は280万円程度です。販売に苦戦しているエアーズガーデン新浦安の坪単価が260万円程度です。

7%ほど割高ではありますが、立地も構造も当物件のほうが格上であることを加味すると妥当と判断します。少し甘い採点なので1点でもいいかもしれません。

チェック2:駅距離単価が妥当か→1点

エアーズガーデン新浦安は舞浜駅まで徒歩19分です。新浦安から舞浜駅までの乗車時間4分を補正すると東京駅までの所要時間はほぼ互角となります。駅距離に関する条件がほぼ互角であれば前述の通り当物件のほうが格上ですから新築で比較すると妥当と判断できます。

しかし周辺の中古と比較する様相が一変します。SUUMOを見ると当物件と同じスターツが手がけたアルファグランデ新浦安(徒歩18分・1998年築・78m2・3790万円)が出ています。

年ごとに2%下落、駅1分ごとに坪単価4万円下落の前提で割り戻すと5970万円、坪単価255万円になり、中古を当物件と同じ条件に割りもどした坪単価と比較すると1割ほど割高であることが判明しました。

新築で比較したら2点、中古と比較したら0点なので当項目は1点とします。

チェック3:価格の下落率は低いか→2点

築年数 0年 坪単価280万円 下落率 0% 価格6,490万円
築年数 5年 坪単価240万円 下落率14% 価格5,580万円
築年数10年 坪単価210万円 下落率25% 価格4,870万円
築年数20年 坪単価177万円 下落率37% 価格4,090万円
築年数35年 坪単価120万円 下落率57% 価格2,790万円

年間下落率1.6%という結果になりました。郊外のマンションとしては悪く無い結果です。ただ総額が6000万円超えなので下落金額は強烈です。

特筆すべきは残債割れの可能性が低いことです。都心のマンションでも当初の残債割れが避けられない昨今において驚くべき結果です。新浦安という街は3.11のインパクトもあり好き嫌いがありますが、私の元妻のように熱烈なファンもいるのでそれなりに資産価値は維持されるのかもしれません。

よって当項目は2点とします。郊外のマンションとしては異例の結果に驚きを隠せません。

チェック4:管理費・修繕費は妥当か→0点

管理費は296円/m2です。低層高級マンションとはいえかなりの高額でタワーマンション並です。植栽も豪華で水物もありますがそれ以外は大した共用施設はないのでさらに割高感を助長します。しかも広い部屋ばかりの当物件ですからその負担は相当なものになります。

修繕費は予想が難しいです。複数棟ありますが低層マンションなのでそれほど修繕費はかからないかもしれません。

しかし管理費の負担が大きすぎますし、修繕費が安くならない可能性も考えると当項目は0点が妥当でしょう。

チェック5:周辺賃料より月々の支払いが安いか→2点

購入した場合

支払額    19.3 万円
管理費修繕費   3.8 万円(35年の平均)
固定資産税    1.3 万円(月割)
諸経費        1.0 万円(月割)
専有部修繕費 1.0 万円(月割)
ローン控除   ▲1.0 万円(月割)
35年後の価値▲6.6 万円(月割)
========================
合           計   18.8万円

賃貸した場合

家賃    19.8 万円(10年毎に10%下落・35年平均)
諸経費       0.0 万円(URなのでなし)
=====================
合        計  19.8 万円

候補の部屋をMUFGの35年固定金利1.33%で計算するとこのような結果になりました。新浦安は家賃が高すぎるので新浦安に住むのであれば素直に購入した方が賢明です。

私も元妻が新浦安に住めないなら離婚するとゴネた際に新浦安の賃貸物件を片っ端からチェックしましたが、新浦安の賃貸物件は古すぎて住む気が失せました。

かといって駅近のタワーマンションは家賃が高すぎて住むことができません。新浦安の賃貸物件は帯に短したすきに流しの中途半端なレベルです。

そんな特殊な賃貸事情の新浦安では賃貸よりも安く、そして賃貸よりもいい設備で快適な生活を送れる当物件の価値はより一層際立ちます。よって当項目も2点とします。

※ マンションを購入しないという選択もあります。

賃貸よりも購入すべきといえる物件は存在します。しかし現実は一般家庭が該当の物件を購入できる可能性はゼロに等しいのです。多くの一般家庭にとって賃貸が最良の選択だと思います。

※ 金利は固定金利の方が安心です。

結論は「住宅ローンは固定金利が原則。固定金利で支払えないような金額の物件を購入してはいけない。」です。買い替え前提の方以外は変動金利の誘惑に負けず冷静に固定金利を選ぶべきだと思います。

チェック6:個人的な価値観を満たすか→0点

個人的な評価ポイントは「近所に個人経営の美味い店がある」「職場までドアtoドアで60分以下」「リビングの窓が大きい」「田の字の間取りではない」「最新の設備」の5つです。

新浦安は利便性を最優先とする夜行性のバツイチ独身男が住む街ではありません。特に新浦安は飲食店の貧弱さが致命的です。深夜まで営業している安くて美味い店が何店か合って欲しいのです。仕事帰りの24時とかに一杯飲んで肉か魚をつまめる店が欲しいのです。

また通勤利便性も悪く、田の字の間取りであるのもネックです。よって当項目は0点とします。

(4)結果

(1)周辺環境       4/16点
(2)間取り       11/16点
(3)価格         7/12点
====================
合             計         22/44点 → 100点満点換算で50点

可もなく不可もない平凡な得点に落ち着きました。この点数をどう解釈するかはその人の新浦安に対する愛着次第ということになりそうです。

(5)総評

新浦安の魅力

何度も触れていますが新浦安には独特の魅力があります。これだけ清潔で開放的な街は滅多にありません。家族連れには最高の環境ですし、前述のように老人や車椅子の方でも安心して生活できる街です。

スーパーも駅前のAEONだけでなく横路地に自然食品のお店がいくつかあり住民の意識の高さもうがい知ることができます。

そして何よりも時間の流れが緩やかで子供の頃の時間感覚を思い出させてくれる街でもあります。なんというかホッとする街なのです。酒と薔薇を愛する夜行の日々を送っている私でもそう感じるのですから普通の人ならなおさらでしょう。

私は買わない

そして元妻のようにこの新浦安の魅力が大好きで「新浦安に住めないなら離婚する!!」とか言い出す人までいます。

ただ一方で3.11の衝撃は未だに消えてはいません。当物件はそんな良くも悪くも知名度の高い新浦安に誕生する久しぶりの新築マンションです。

そしてここまでレビューして出た結論は「駅徒歩15分」「交通利便性が悪い京葉線」「液状化する地盤」という欠点さえ妥協できるのであれば買っても良いという結論です。反対にこの3つの欠点のどれか1つでも妥協できないのであれば当物件の購入検討を止めたほうが賢明です。

すでにツッコミを入れた方もいるかもしれません。この3つの欠点は購入しない理由になりうる致命的な欠点だからです。そして多くの人が妥協できないように私も妥協はできません。

買うならパークタワー晴海

もし私が同じ駅徒歩15分のマンションを購入するのであればパークタワー晴海にします。

  • ほぼ江東区とはいえ中央区
  • 三井不動産×大林組という最大手企業のブランド
  • 昨今では貴重なハイスペック設備
  • 15分間我慢して歩けば大江戸線と有楽町線が使える月島駅
  • 月島駅からは山手線の主要駅までは20分程度
  • 飲食店の数は新浦安の2.5倍、銀座まで行けば12倍
  • BRTが開通した場合は新橋駅まで15分
  • 都内屈指の商業施設ららぽーと豊洲が徒歩圏内

書き出したらキリがありません。仕事で疲れた時に見る夢のせいか新浦安に好意的な感情がない私にとってはパークタワー晴海の方が魅力的に映るのです。

それでも人には事情がある

もし離婚していなかったら当物件の一番安い部屋を買ったと思います。マンション選びの優先順位はその人の置かれた状況で大きく変化するからです。

元妻は新浦安で子供を育てることをずっと夢見ていた人でした。その人のことを最優先に考えるのであればパークタワー晴海よりも当物件を買うほうが自然な選択なのです。

幸いにも当物件の資産価値はそれほど悪くはありません。現在の金利であればフルローンでも残債割れが回避できる可能性もあります。家族の意向で新浦安に住むことが最優先事項であれば素直に購入するのがいいでしょう。

財務体質には最新の注意を

ただし当物件は相当な高額マンションです。管理・修繕費や税金も含めると月々22〜25万円ものキャッシュアウトが発生します。この金額は決して小さな金額ではありません。

もし当物件の購入を決意されたのであれば、ご自身の財務状況がこの強烈なキャッシュアウトに耐えられるのか今一度確認しておいたほうが良いです。

30代半ばのご夫婦であれば、子供1人で最低1100万円、子供2人で最低1200万円の世帯年収がないと老後までの生活が成り立たなくなると思います。

※ 無理のない予算を知りたい方はこちらをどうぞ。

最低ラインの世帯年収をクリアしているのであれば年収5倍を予算にして不動産購入に進んでも問題ないと思いますが、もし最低ラインをクリアできていないのであれば慎重な判断が必要です。
新築マンションを購入することの意味

最後に私のような素人の駄文ではなく洗練されたプロの記事を紹介します。

社名を変えて心機一転のLIFULLのHPで3回に分けて書かれたコラムですがぜひ全てを熟読することをお勧めします。私のブログの1,000倍は役に立ちます。

【新築vs中古の真実①】~あなたは新築住宅に住むことは出来ない~

【新築vs中古の真実②】~新築住宅の正味のメリットを考えてみる~

【新築vs中古の真実③】メディアが書かない新築のリスク

もしこのコラムを読んで、以下の抜粋を読んでもなお購入意思が揺るがない人は堂々と前を向いて突き進んで欲しいと思います。

富裕層がお金を使うことは社会の義務です。足長おじさんはいつの時代でも必要です。その一人になれる栄誉は資産価値などという世俗的なものでは測れない大きな意味があると思います。

頑張ってください、応援しています。

あえて言おう。新築住宅は、「頑張って」とか「少し無理をしてでも」というような覚悟で買うべきものではない。もうそんな時代ではないし、住宅不動産市場の現実は、あなたのその切実な覚悟と苦労に誠実に報いてはくれない。

新築住宅とは、購入価格の高さも資産価値の下落も平気で許容出来る程度に現在も将来も経済的に余裕のある世帯が、こだわりをもって(誤解を恐れずに言えば、趣味や道楽として)、性能的にもデザイン的にも後世に残せるような質の高い建物を買って/建てて、それが社会ストックとして蓄積して国全体の住宅の質を上げていく。そのような商品として認識するくらいが、これからの時代は調度良いのである。

【新築vs中古の真実③】メディアが書かない新築のリスク より抜粋

終わりに

お疲れ様でした。この記事がマンション探しをされている方の参考になれたならこれ以上の喜びはありません。もちろんマンション選びに絶対の正解はありませんので最終的にはご自身の判断を大切にしてください。

そして当物件を真剣に検討されている方はぜひプロにご相談いただき、当物件の客観的な本当の価値をご確認ください。くれぐれも私の意見を真に受けないようにお願いします。

それでは今日はここまで。最後までお読みいただき本当にありがとうございました!!

※ 不動産のプロに頼るメリットはたくさんあります。

不動産コンサルタントは主治医のようなものです。舞い上がった自分の頭を冷ましてくれますし、聞き分けのない家族(主に嫁)を諭してくれたりもします。

※ 反対に相談してはいけないプロもいます。

どうしてもFPに相談したいのであれば有料の相談を受けるべきです。有料相談のFPは保険の営業はしませんし、何より販売業者と利害関係がありません。決してモデルルームにいるFPのアドバイスを真に受けてはいけません。それは泥棒に財布を預けることと同じ行為だからです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする